ブログ

深層心理・精神分析・夢分析・ユング

宇多田ヒカル、精神分析体験を語る

1983年1月19日生まれの宇多田ヒカルはもうすぐ40歳。30歳ごろに精神分析を初めて、現在も週に3回のペース…

こころの中の対立物が融合されていくイメージ:ヒルマ・アフクリントのスワンシリーズ

(2,400文字)なぜわたしがこの画家について並々ならぬ関心を持っているかは、ヒルマ・アフクリントのスワンシリ…

ライフワークにしたい19世紀の女流画家に出会った日:ヒルマ・アフクリント

(全文2,300文字、最初に要約あり。)2022年12月22日冬至の日にストックホルム現代美術館を訪れて、ライ…

冬至と陰陽と太極図:オセロで哲学する

(2023/01/07 加筆更新 2,000文字)Youtubeを「ながら聴き」していたら、オセロ盤で冬至と夏…

カウンセリングと精神分析の違い:内海聡氏のジレンマとトラウマ解説より

精神分析や夢分析のイメージについての1,050字。動画つき。精神分析を宣伝してくれている医師がいるので、紹介し…

自分の夢に興味がもてないのは、自分の無意識につながるのが難しいから:分析を受ける前日のつぶやき

(600文字)分析を受ける前の日のつぶやき(メルマガに書いた内容のコピーで、以下の”今日”は2022年…

大釜の中でぐつぐつ煮るパートナー関係:ISAP夏季集中セミナー 2023

(最終更新日:2022/12/10, コラムとISAP情報、合わせて1,700文字。)来年(2023)のISA…

心の奥にひそむ大ナマズのもたらす災害とご利益

ユング派の秋山さと子の引用と、江戸時代に流行した風刺画、なまず絵の紹介。(800字)「苦しむことで、悩むことで…

インタビューしていただきました

横浜のライター、荒川あい子さんが今年(2022)の6月に書かれた個人ブログ内の記事のご紹介。1時間楽しくトークさせてい…

ユングの逸話「コンドームを外して出直して来い!」

500文字上品な紳士淑女のみなさまには過激すぎるタイトルとアイキャッチ画像ですみません。でもこうしてみ…

さらに記事を表示する

更新通知

■メールアドレスをご登録いただくと1週間〜数ヶ月に1度、更新のお知らせメールが届きます。

過去の記事(順不同)

PAGE TOP