ブログ

本・読書

意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか

2017年7月1日に別ブログで公開した内容をこちらに移動。人が経験する激しい痛みとして知られているものに、陣痛…

ヘッセとユング:ヘッセがユングの分析を受けた話

ユングの精神分析を受けてヘッセは、「分析というものは人間の中核に揺さぶりをかける。それは辛い作業に他ならない。しかしそ…

新潮文庫の100冊、ヘッセの「車輪の下」など定番30リストと栞ひも

「新潮文庫の100冊」にいつも君臨しているおなじみの作品リストや、新潮文庫のこだわりを表す栞ひもについての雑談、約1,…

ヘルマン・ヘッセを読む2021の夏

子育ての話を含む雑文+おまけ「紙の本の意義」、合計3,000文字。(2021.7.24.加筆更新)積ん…

村上春樹「1Q84」抜粋と注釈:脳みその纏足(テンソク)、ユング、カルトなどなど

(最終更新日:2021/7/24 加筆)「脳みその纏足」という表現がツボにはまった村上春樹の長編小説「1Q84」。全3…

ノーベル賞作家のさすらい、「霊山」に見る己との徹底対峙

(追加更新日:2021/5/24)全5ページの読書メモ+アルファの 9,300文字。ガンの宣告を受けた…

シンボル事典、幻の名著

「シンボル事典」は、夢分析のときだけに限らずユング派分析家の必携書である。イメージの心理学ともいわれるユング心…

「夢分析―深層の読み方」小川捷之著

故小川捷之氏の「夢分析―深層の読み方」は、とても読みやすく、夢分析についてのわかりやすいエピソードがたくさん書かれてい…

「明恵、夢を生きる」

いちばん最初にこの本の題名を目にたとき、わたしはアキエという女の人を想像してしまいましたが、この「明恵」は鎌倉時代の僧…

更新通知

■メールアドレスをご登録いただくと1週間〜数ヶ月に1度、更新のお知らせメールが届きます。

過去の記事(順不同)

PAGE TOP