ブログ

スイス・チューリヒ、ユング研究所の門

ユング派分析家道20周年に寄せて:恥をかく勇気

1,000文字.コロナにかかって引きこもっているうちに20周年を迎える流行り病に罹ってだらだらしているうちに、ふと気づいた…

福山雅治「道標」:ばあちゃんへの想いを込めた歌

紹介してもらった歌を聞いて、たくさんの人たちの顔が思い浮かんできたので掲載しておきます。2021年大みそかのNHK紅白歌合戦で白組…

「不倫は絶対にいけない」という正義に対して鴻上尚史が炎上覚悟で言ったこと

鴻上尚史が、不倫は「人間のどうしようもなさ」のひとつの現れであるとしながら「人間のどうしようもなさ」がタブーになった世界は、息苦しい空間に…

北原白秋にとって子供に還ることとは

北原白秋が童謡に込める思いを綴った文章を国立国会図書館デジタルコレクションの資料から抜き書きした。(1,700文字)このページは、…

残忍さは悪でも醜でもない:北原白秋の童謡「金魚」

自分が発表した童謡に対して、こんな残忍すぎる歌は子供に歌わせられないという批判を受けた北原白秋の、あっぱれな反論を紹介。(1,000文字)…

死別ソング集:カウンセラーより歌が共感してくれる

このコラムでは死別に関わる日本の歌を6曲紹介しています。前置きを読みたくない人は、目次のところまでスクロールダウンしてください。「…

インタビューしていただきました

横浜のライター、荒川あい子さんが今年(2022)の6月に書かれた個人ブログ内の記事のご紹介。1時間楽しくトークさせていただいた内容が、二部…

映画「手紙」(2006)に描かれた犯罪者家族の苦しみ、差別やきょうだいについて/宮崎勤と林真須美の家族

(全2ページ2,900文字)クライエントさんと「きょうだい」について話していた中で教えてもらった映画「手紙」(東野圭吾原作、2006)を観…

日本人の曲がった脚は盆栽のように造られた:外国人によるO脚・X脚解説!

(2022/6/19更新:本文760文字+オマケのスウェーデン語+ちょっと問題ありそうな付記、全文で1,600文字。)以前、中国の…

みんながリーダー時代の到来:参政党の横並び複数リーダー構造が面白い!

目立つリーダーのいない参政党のグループ構造は、リーダーについていくのではなく、みんながリーダーとして、ひとりひとりが自分の頭でモノを考える…

ライラックの咲く爽やかなスウェーデンの初夏:戦争の緊張感なし

(近況890文字)ウクライナで戦争が起きているので地続きのスウェーデンも大変だろう、日々、不安なことだろうと日本在住の方からよく心…

さらに記事を表示する

更新通知

■メールアドレスをご登録いただくと1週間〜数ヶ月に1度、更新のお知らせメールが届きます。

過去の記事(順不同)

PAGE TOP