ブログ

住友ゴムの広告より

スポンサーリンク(当サイトとは関係ありません)

屋久杉イメージ写真
上は、2011年8月22日の日経新聞に掲載された住友ゴムグループの全面広告からの切り抜きです。
「進化するものだけが、未来を切り拓ける。」というコピーに目が留まりました。

世界遺産、屋久島にそびえる、樹齢数千年ともいわれる巨木。

この屋久杉は、強風や多雨など、屋久島の厳しい自然環境に耐えるために、長い年月をかけて進化し、抗菌性を持つ樹脂を分泌することで長寿をかなえているそうです。

屋久杉に比べると、わたしたちに与えられた時間は、ごく限られています。それでも、わたしたちは、一生、成長、発展、進化をすることを求められています。

ユング派の分析が目指す個性化(自己実現)には、「究極のゴール」というものはありません。
仏教でいうところの「悟りの境地」に相当するものがなく、人は、一生かかっても個性化をまっとうすることはできない。
つまり、精神分析の目指すところには、ゴールはなく、ゴールに向かうプロセスがあるだけなのです。

「進化するものだけが、未来を切り拓ける。」―自分自身の、そして職業上のキャッチフレーズになりそうな言葉です。

2021/2/8より休眠ツィッター再開

■メールアドレスをご登録いただくと1週間〜数ヶ月に1度、更新のお知らせメールが届きます。

最近の記事

その他の記事(順不同)

PAGE TOP